2005年度 札幌市民オーケストラ定期総会 2005年3月27日(日)

7.その他

@グロッケンの購入について

■今まで他団体等から借用していたが、使用頻度も高く、是非購入したい。
□質問 保管、管理はどうするのか?
☆現在の練習場にに保管するが、サビなどの問題も含めて、パーカッションパートで責任をもって
  管理する。問題が生じた場合、保管場所を変更する。
■承認されました

 

A学生の団費減額について

■団費が安いなら、入団をお願いできるのではないか?現状\2,000を\1,500に下げては?
□そおいうことであれば、\1,500といわず、\1,000にしてはどうか?
☆なるべく積極的に入団を誘うということで、学生団員の団費は\1,000に決定。
■承認されました

■一般団員の現状\2,500を\2,000に減額してはどうか?
□現在は金銭的に余裕があるが、今後どおいう支出があるかはわからないし、下げるのは簡単だが
  上げるのは大変な苦労がいる。また、年間\400,000ほどの減収になるので、現状を維持すべき。
☆一般団員の団費は現状維持に決定。
■承認されました

 

B2006年以降の定期演奏会開催時期について

■定期演奏会の開催を、ホール重視にするか、開催時期を重視にするか?
☆6月の定演は昨年経験したが、時期的にかなり厳しいという意見が多数
□定演の開催時期は9月の最終末から11月末の間が良いのでは、という意見が多数。
□ホールに関しては、市民会館が音響的に良い、しかしキタラでもやりたいという意見が多数。

☆32回定期演奏会は、2006年9月末・10月・11月でキタラの抽選に参加し、とれなかった場合、市民
  会館に変更。市民会館もとれなかった場合、教文に変更。
■承認されました

 

C楽譜(パート譜)の管理について(再周知)

☆従来のルールにのっとり、各パートが責任を持って管理する。ただし、楽譜係が用意するVnパートの
  楽譜に関しては従来の5部から8部に増やす。弦楽器のボウイング等の書き込みに関しては、各パ
  ートリーダーが責任を持って消去する(あまりに書き込みが多い楽譜の場合は、楽譜カゴに入れる
  前に、各パートリーダーと楽譜係が打ち合わせる)。
■承認されました

D62回以降のアトリエコンサート開催場所について

■従来区民センターで開催していたが、来客数が多くなり、立ち見などが出ている現状で、お客様の事を
  考えポルトホールで開催してみた。
□アトリエコンサートというのは、本来、演奏会ではなく、練習をお客様に見てもらうというのが趣旨だった
  ので、ホールで開催するのは、いかがなものか?
□ポルトホールは、まだ、平場に近いのでアトリエの趣旨には反しないが、花ホールという、完全なホール
  で演奏する場合、出演者も平服というのは、かなり抵抗が有る!
☆62回アトリエコンサートは、2006年4月〜5月になるので、芸森アリーナでの開催が可能なので、開催
  候補とする。その後、花ホール・芸森を経験して、また検討する。
■承認されました

E譜面台の買い換えについて

■現在市民オケ所有の譜面台は、さびがかなりひどく、使用に耐えない状況になっているので、買い換え
  てはどうか?
□オケで譜面台を用意するというのは、贅沢なので、譜面台は各個人が持ち寄るべきだ!
☆一部でも買い換えるかどうか、予算には組み込むものの、今後運営委員会で、慎重に検討する。
■運営委員会に一任されました。